梅沢富美男 パワハラ

先日のテレビ番組で梅沢富美男氏がかなり反感を買うような発言をしたという
ことで話題になっていました。

最近、社会問題になっている話題を昭和生まれと平成生まれに分けて議論する
というような内容の番組でしたがその中の一つにパワハラが議題として挙がりました。

その時に梅沢富美男氏が「芸能界にはパワハラは通用しない」といったような
発言をしたようです。

この発言を聞いてスタジオでも結構な反論が出ました。

梅沢氏は「パワハラに見えてもお互いに同意の上でやっている」といった事が
言いたかったようですが、このご時勢、大変誤解を招く発言だと思います。

芸能界にパワハラは通用しないと一括りにしてしまうと、あの吉本興業の芸人に
対する脅迫するような高圧的な対応も容認してしまうことになるのではないでしょうか。

かといって、発言後に様々な反論を受けていましたが最後まで自分の意見を
曲げることはなく、「嫌ならやめるしかない」と更に言ってしまう始末。

この方は案外パワハラとかに厳しいようなイメージだったのですが、今回の発言を
聞いている限りではそうでもないようですのでとても残念に思いました。