ジャニー喜多川 お別れ会

先日9月4日、7月9日に亡くなったジャニーズ事務所の元社長、
ジャニー喜多川氏のお別れ会が東京ドームで開催されたと各報道番組で一斉に
報道されています。

事務所所属のタレント、著名人、一般人併せて約9万人が参列するという
大規模な会となっていたようです。

次期社長については、候補者が何人かいるようですがはっきりとしたことは
まだ決まっていないようです。

最近のジャニーズ事務所と言えば、人気グループのメンバーの起こした不祥事、
人気グループの解散、複数の人気グループのメンバー脱退など問題が多発的に
発生していて、とても順調に運営できているようには思えません。

そこに来てジャニー喜多川氏が亡くなったことで、更に不穏な空気が漂っている
ように見えます。

次期社長になる人は大変でしょうが、今のジャニーズの暗い雰囲気を一掃して
くれるような経営を期待したいと思います。

ソニー Xperia5

ソニーから最新のスマートフォンであるXperia5が発表されました。

つい最近にXperia1が発売されたばかりですが、もう次の機種を発表とは
スマートフォン市場は移り変わりが激しいですね。

このXperia5、どのような位置づけのスマホかと言いますと、機能はXperia1と
ほぼ同等ですが、本体を小さくして使いやすさをアップしたモデルになります。

要するに、今まででいうXperia1 compactといったところでしょうか。

Xperia1に比べて幅が4mm減、重さ14g減となっており、とても持ちやすいとの
事です。

一つ残念なのはディスプレイの解像度がXperia1は4Kなのに対して、Xperia5は
フルHD+となっていることでしょうか。

ディスプレイサイズも本体がコンパクトになっている分、小さくなっていますが
それでも6.1インチと十分に大きいので本当のコンパクトサイズとは言い難い
大きさとなっています。

ディスプレイサイズ5インチくらいの大きさを期待していたユーザーにとっては
残念な情報かもしれません。

サムスン 折りたたみ端末

4月ごろから一部で話題になっている折りたたみ端末ですが、今のところ中国の
ファーウェイと韓国のサムスンが発売を予告していました。

当初予定されていた販売時期を延期してどちらも9月に発売予定としていましたが、
つい先日ファーウェイが更に発売時期を延期するアナウンスを行っており、
この調子ではサムスンも発売が怪しいと思っていた矢先、やはり予想通りの
展開になってまいりました。

サムスンはオンライン予約されていた折りたたみ端末の予約を顧客の承諾もなしに、
一方的にキャンセルしたと報道されています。

やはり9月に発売は無理があったようです。

それならそうで、早めに延期のアナウンスをすれば良いものを一方的に予約を
キャンセルするとはサムスンの企業としての体質を疑ってしまいます。

この件についてはファーウェイのほうが正直で良心的に感じます。

自分たちがNo.1であるという、くだらない自尊心が発売延期のアナウンスを
することを躊躇させてしまったのでしょうか。

こんなことではサムスンの未来は暗いと言わざるを得ません。

バスケ ワールドカップ

今、日本がバスケットボールでワールドカップに出場しています。

日本が出場するのは21年ぶりのことのようで、それまでは常に予選で敗退。

今回も予選で4連敗して、半ば諦めかけた後からの8連勝を決めて、見事本戦に
駒を進めることになりました。

なんといっても今の日本代表はNBAプレーヤーを2人擁していて、昨年までとは
全く違うと言っても良いのではないでしょうか。

その新生日本代表、本日は世界ランキング24位のチェコと対戦。

途中までは互角の良い試合を展開していましたが、終盤でミスが目立ち結果として
13点差をつけられて敗れました。

初勝利とはならず、残念ですが格上相手に健闘したと思います。

次の相手は文句なしの世界一位、アメリカ。

世界王者に臆することなく立ち向かって欲しいところです。

バッテリーパック 日本HP

PC本体や周辺機器の製造、販売で名が通っている日本HP。

現在、昨年の2018年1月から始めたバッテリーパック自主回収の真っ最中ですが、
ここに来て自主回収するバッテリーパックの範囲が増えるという告知を行い、
対象となるバッテリーパックを無償で交換してくれるそうです。

回収の理由は「安全に関する潜在的な問題」があると言った抽象的な表現で
具体的な理由についてまでは言及していないようです。

特にこの対象になっているバッテリーで事故が発生している訳ではないようですが、
事故につながるかもしれない可能性があるということでの自主回収なので企業としては、
誠実な対応であったと言えると思います。

HP製のノートパソコンやモバイルワークステーションをお持ちの方は、対象に
入っていないか確認して、もし対象であった場合は早急に交換してもらったほうが
良さそうです。